スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--:--) スポンサー広告


アトリエ行くとき
私毎日坂道登っていくんですよ
橋に続いてるとこなんですけど

今日はそこの坂始まるとこくらいに
一匹の猫が轢かれて倒れてました
ホンマビックリしたし 何より可哀相で
アトリエで絵描いてる時もずっと気にかかってて
泣きそうに何回もなって
「何であの時止まって供養してやらんかったんやろ」とか
「何であの子あんなとこで死ななあかんかったん」とか
色々考えちゃって

「ウチの猫でなくて良かった」って言う黒い考えする自分にも
嫌気がさして

絵も全然進められないまま
同じ道通って帰ってきたんですけど
その地点に差し掛かるまでずっと
「ちゃんと供養されてるかな」って心配になって
案の定猫の遺体はちゃんと供養されてたみたいなんですけど
その道路に残った大量の血の跡見て
耐え切れなくなって 自転車こぎながら泣いてました

何であそこで死ななあかんかったん
普通に暮らしてただけやん
何でそんな痛い思いして逝ってしまわなあかんの

猫にとったら車だけやなくてバイクや自転車ですら
脅威になるんかなと漠然と思いました

あの子今まで幸せやったかな


家帰ってきてウチの猫見たら思い出します
撫でたら涙出てくる
多分しばらくは頭に焼き付いてると思います

今は安らかに眠ってて欲しいです
ごめんね... 何もしてあげられへんかった...

今も泣くことしか出来へんねん...
スポンサーサイト
2005.09.03 (00:25) 雑記trackback(0)comment(0)


prevhome next












トラックバックURL
→http://mari21.blog8.fc2.com/tb.php/37-2ff39129
home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。